「モナリザ」は世界一の微笑み?

”休憩室”のように、気軽にいろんな話題をしていきたいと思います。 どなたでも自由に「入室」してくださいね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が、小学校の頃、名画「モナリザ」が、大ブームになりました。
ルーブル美術館から、初めて日本に持って来られ、展示されたのです。
テレビでは、特番を組み絶賛してました。

私は、父親に 「この女のひと、気持ち悪い」 といったのですが、

「世界が認めた微笑。お前も大きくなったらわかる」  
と言われたのを覚えています。

モナリ


最近読んだベストセラー小説  「ダ・ヴィンチ・コード」  に面白い解説がありました。

 「男性か女性か分からないような、不気味?な絵が
世界一の微笑みになった理由」
 はひとつ・・・


・・・天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が気に入って、いつも持ち歩いていたから。

ダ・ヴィンチは反体制の暗号(メッセージ)を隠していたのでこの絵を手放さなかった 
と言うのが作者の説。

ブームの時。
この微笑を「美しい」と思えなかったけど「芸術が分からない人と思われたくない」

 「裸の王様 状態」 

だったのかも知れませんね。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yasusanblog.blog66.fc2.com/tb.php/61-f37eeee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Yasuさんの休憩室 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。