新型インフルエンザに「マスク」は効果があるか?

”休憩室”のように、気軽にいろんな話題をしていきたいと思います。 どなたでも自由に「入室」してくださいね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪・寝屋川の感染した高校生が、 「現地では誰もマスクしていない。すると不審がられる。」 と、日本から送ったマスクをつけなかった事が、問題になってます。
TVのインタビューでは、アメリカ・カナダの感染拡大国でさえ、皆が 「マスクは意味が無い。騒いでるのは日本人だけ」 と、つけていないようです。
HPやブログ等でも様々な情報が交錯しています。
本当のところはどうなのでしょう?

厚生労働省の「個人、家庭及び地域における_新型インフルエンザ対策ガイドライン」では,こう書かれてます。 http://www-bm.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/11.html

「 発症した人がマスクをすることによって他の人に感染させないという効果は認められており、自分が発症した場合にはマスクを着用することが必要である。
他方、まだ感染していない者がマスクをすることによってウイルスの吸い込みを完全に防ぐという明確な科学的根拠はないため、マスクを着用することのみによる防御を過信せず、お互いに距離をとるなど他の感染防止策も講ずる必要がある。」
要するにマスクは、「発症した人がつければ効果はあるが、感染してない人がつけた場合の予防効果は、よくわからん」 です。

では、個人として、(自分の職場では)どう対策すべきか? 

 「風邪気味のやつには、マスクつけさせて、皆が手洗い・うがいをまめにすること」  です。私の職場でも不織布性マスクは、常備しようと思います。

ガイドライン概略。
感染経路)
新型インフルエンザ対策は、通常のインフルエンザ対策の延長線上にあり、 通常のインフルエンザの対応から取組を始めることが重要。
○通常のインフルエンザの主な感染経路は ?飛沫感染 ?接触感染である。
 ?飛沫感染:感染した人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出されたウイルスを健康な人が吸入することによって感染する。
 ?接触感染:感染した人がくしゃみや咳を手で抑えた後や、鼻水を手でぬぐった後に、机やドアノブ、スイッチなどに触れると、その触れた場所にウイルスが付着することがある。その付着したウイルスに健康な人が手で触れ、その手で目や鼻、口に再び触れることにより、粘膜・結膜などを通じてウイルスが体の中に入り感染する。

対策)
・帰宅後や不特定多数の者が触るようなものに触れた後の手洗い・うがい を日常的に行う。
・咳、くしゃみの際は、ティッシュ等で口と鼻を被い、他の人から顔をそらすこと
・咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクを着けてもらうこと(個人が使用するマスクで最適なのは、不織布製マスク1である。)

1 不織布性マスク:繊維あるいは糸等を織ったりせず、熱や科学的な作用によって接着させて作った布で作成されたマスク。市販されている家庭用マスクの約97%が不織布製マスクである。薬局やコンビニエンスストア等で通常購入することが可能であり、マスクが不織布製であるかどうかは、製品の袋に記載されていることが多い。

※このガイドラインは、段階的に詳しくかかれてますので、皆さん一度目を通す事をお勧めします。









スポンサーサイト
この記事へのコメント
難しいことはよくわかりませんが、とりあえず『タミフル』手配できました☆
2009/05/11(月) 14:34 | URL | コクピットBe #WJMUG67w[ 編集]
私の職場も、「マスク」手配しました。
「何をすべきか?」難しいですね。
2009/05/12(火) 00:44 | URL | Yasuさん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yasusanblog.blog66.fc2.com/tb.php/14-fd04f1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Yasuさんの休憩室 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。