宗教 vs 科学  

”休憩室”のように、気軽にいろんな話題をしていきたいと思います。 どなたでも自由に「入室」してくださいね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使と悪魔(上・中・下 巻) "ダン・ブラウン著"

天使と悪魔


久々に 「秀作に出会った」 と感じました。

今回のメイン舞台は、ローマ・バチカンです。

ヴァチカン美術館


主人公 ラングドン(ハーバード大 教授)が

見術品の謎を解きながら、テロを阻止しようと走り回ります。

前作(ダビンチ・コード)以上の、ハラハラ・ドキドキ感

何度も死にかけるけど死なない

・・・ダイ・ハードばりのスピード感

エンターテイメント性満点です。


・・・でも、この作品の本当のメインテーマは 


"宗教と科学の対立 "

科学技術の急速な発達が、

宗教(神の存在)を追い詰めている。



「生命誕生の謎」「宇宙の起源」 といった

 "神の領域" まで科学は解明しようとしている。


旧態依然の宗教は、急速に進化する科学に防戦一方。


・・・しかし、科学の"負"の一面

道徳は、科学の進歩ほど速く進歩しない。

兵器を作れば、使わずにはいられない。

人間には、精神面でのよりどころが必要。 



キリスト教の最高峰"ローマ教皇"と 

科学者の秘密組織 "イルミナティ"の対決を通して、

"宗教と科学の対立の現状"
も考えさせられます。

お勧めです。
 



スポンサーサイト
この記事へのコメント
本当に、本がすきなんですねi-228のんも、昔はハマってましたねi-70たぶん・・ヤスさんの読んでいる本とは全然タイプが違う本ですが・・・i-229
主人公になれるところが本の魅力かなぁ~i-228自分の世界に入れるi-190
人間には、精神面でのよりどころが必要
うん、うんi-228納得ですi-189

のんは、群馬住みです♪
2009/09/08(火) 15:05 | URL | のん #-[ 編集]
”秀作”と思える本に出会えて良かったですね。
以前は読書もしていたのですが
最近は全然読んでなくて・・ダメだなぁと思っています。
2009/09/08(火) 15:23 | URL | べるきよ #3/2tU3w2[ 編集]
本は好き・・というか 中毒ですね。 常に持ち歩いて時間を見つけて読んでます。
群馬ですか?行った事ないですが、いいところがいっぱいあるんでしょうね?
いろんな場所の人と関われる・・・ブログって楽しいと思います。
2009/09/10(木) 00:02 | URL | Yasu #-[ 編集]
いい本に出会ったときは、最高にハッピーです。

ブログを書いて感じてることは "感動を文章で伝えるのは難しい" 

文だけで、読者を感動させる、作家の人達はすばらしいと思います。
2009/09/10(木) 00:08 | URL | Yasu #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yasusanblog.blog66.fc2.com/tb.php/113-04d4d60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Yasuさんの休憩室 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。